スポンサーリンク
ひでじ典

ひでじ典 第十一巻

ひでじ典 第十一弾です。 ひでじ典の第十一巻になります。 第十巻では、 【磯から出たマダコ】 【時報は寝て待て】 以上の諺を収録しています。 ひでじ典は決しておやじギャグ辞典ではございません。 役に立つ(かどう...
ひでじ典

ひでじ典別冊 恋愛小説風に表現してみる【特別な枕】

【特別な枕】 人間の一日のうちの1/3は睡眠の時間。 心地好い睡眠、心地好い眠りにはそのの人にあった寝具が欠かせないもので、 特に「枕」はその寝心地の良し悪しで、 その人の睡眠を左右するほど重要なアイテムだと言えよう。 ...
回顧録

彼女からどんな返事になったとしても、僕は彼女と出会えてよかったと思っただろう。

こともあろうか、緊張の糸が切れた僕は彼女の前で寝入ってしまっていた。 バーン!ドン! 急に外から大きな音が聞えてきた。 「ね、見て!花火が上がってるよ」 彼女の言葉に車の外に目をやる僕。 車の車窓越しにディズニーランド...
日記

思い出の中の彼女の眼差しに、僕は今でも恋していることに気付いた。

君の瞳に恋してる。 休日出勤の日曜日。 晴れた日曜日の街中は多くの家族連れで賑わっていた。 家族で遊園地に出掛けるのか、ショッピングセンターに出掛けるのか、父親と母親の手を取りはしゃぐ子供たちの笑顔。 これから、お決まりのデート...
回顧録

時間の流れは決して同じではない。楽しい時間はより早く流れていくんだ。

30歳を過ぎたおやじが、堂々と手を繋いで女性と歩けるなんて。 せっかくの時間がもったいなから、ディズニーランドに入ろうという僕に、 「うん!」 彼女は微笑んで、僕に手を伸ばした。 僕は彼女の手を取って、ディズニーランドの門を...
回顧録

初めてのデートは、定番の場所だったけれど、一緒に過ごせればどこでもよかった。

僕と彼女の初めてのデートは定番なんだけど、ディズニーシーだった。 翌日は彼女とのデートだった。 この一日をとおして彼女に僕をしっかり見てもらおう。 昨晩は張り詰めた緊張の緩和から死んだように眠りについた僕だったが、やはり翌日はいつ...
ひでじ典

ひでじ典 第十巻

ひでじ典 第十弾です。 ひでじ典の第十巻になります。 第九巻では、 【床に釘】 【鬼にカネボウ】 以上の諺を収録しております。 おやじギャグの要素満載のひでじ典も、とうとう十巻となります。 あなたの座右の銘にい...
回顧録

果たして彼女は、僕の第一印象をどんなふうに感じていたのだろうか。

女性と二人っきりで食事をしたことなんて、何年ぶりだっただろうか? 「お腹空いたでしょう、何が食べたい?」 ハンドルを握りながら、彼女が尋ねてきたが、僕は運転する彼女の横顔をボーッと眺めていた。 「あ、何でもいいよ」 極度...
ひでじ典

ひでじ典 第九巻

ひでじ典 第九弾です。 ひでじ典の第九巻になります。 第八巻では、 【逃げるか、家事】 【人の尻見て我が尻直せ】 以上の諺を収録しております。 ちょっとだけためになることわざ辞典として、ひでじ典九巻出ました。...
回顧録

僕らは初対面だったけど、でも初対面ではないくらいお互いのことをわかっていた。

明日会う予定が、いきなりの予定変更に戸惑う僕。 長い道のりと電車の乗り継ぎという、普段は体験しないようなストレスと、明日彼女に会うという緊張に包まれた僕は、シャワーを浴びたあともホテルの部屋のベッドに横になったまま、ボーっとしていた。 ...
スポンサーリンク