スポンサーリンク
読書の時間

僕は子どもらに選んでもらったから、こうして父親になれたんだ。

僕は子どもらに選んでもらって父親になれた。 職場で子どもが生まれて父親になった男性社員がいた。 嬉しそうに出産の報告をする彼の姿に、初めて僕が父親になった日のことを、ふと思い出した。 第一子出産のときに、産婦人科の分娩室前の廊下で...
日記

つまらない毎日の繰り返しから抜け出す方法がわからない。

たぶん病んでるのかも知れないな。 毎日が、こんなにもつまらないと思えてしまうなんて。 「あなたが空しく生きた今日は、 昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日」 韓国の小説「カシコギ」に出てくる言葉だ。 僕...
ひでじ典

ひでじ典 第十二巻

ひでじ典 第十二弾です。 ひでじ典の第十二巻になります。 第十一巻では、 【ここにカバン】 【そこに交番】 【ノックで飛ばん】 以上の諺を収録しています。 ひでじ典はおやじギャグの要素が強めですが、ことわざ...
回顧録

幼い頃に歌ってもらった子守歌をあなたは思い出すことがありますか?

子供らが巣立ったときに、僕は「子育て」という仕事の終わりをを実感した。 子供らが社会人になってしまった頃に、 自分の「子育て」という仕事が終わったことを実感した。 もう親として何も口を出すこともなくなる。 時々子供らから頼まれたり、...
ひでじ典

ひでじ典 第十一巻

ひでじ典 第十一弾です。 ひでじ典の第十一巻になります。 第十巻では、 【磯から出たマダコ】 【時報は寝て待て】 以上の諺を収録しています。 ひでじ典は決しておやじギャグ辞典ではございません。 役に立つ(かどう...
ひでじ典

ひでじ典別冊 恋愛小説風に表現してみる【特別な枕】

【特別な枕】 人間の一日のうちの1/3は睡眠の時間。 心地好い睡眠、心地好い眠りにはそのの人にあった寝具が欠かせないもので、 特に「枕」はその寝心地の良し悪しで、 その人の睡眠を左右するほど重要なアイテムだと言えよう。 ...
回顧録

彼女からどんな返事になったとしても、僕は彼女と出会えてよかったと思っただろう。

こともあろうか、緊張の糸が切れた僕は彼女の前で寝入ってしまっていた。 バーン!ドン! 急に外から大きな音が聞えてきた。 「ね、見て!花火が上がってるよ」 彼女の言葉に車の外に目をやる僕。 車の車窓越しにディズニーランド...
日記

思い出の中の彼女の眼差しに、僕は今でも恋していることに気付いた。

君の瞳に恋してる。 休日出勤の日曜日。 晴れた日曜日の街中は多くの家族連れで賑わっていた。 家族で遊園地に出掛けるのか、ショッピングセンターに出掛けるのか、父親と母親の手を取りはしゃぐ子供たちの笑顔。 これから、お決まりのデート...
回顧録

時間の流れは決して同じではない。楽しい時間はより早く流れていくんだ。

30歳を過ぎたおやじが、堂々と手を繋いで女性と歩けるなんて。 せっかくの時間がもったいなから、ディズニーランドに入ろうという僕に、 「うん!」 彼女は微笑んで、僕に手を伸ばした。 僕は彼女の手を取って、ディズニーランドの門を...
回顧録

初めてのデートは、定番の場所だったけれど、一緒に過ごせればどこでもよかった。

僕と彼女の初めてのデートは定番なんだけど、ディズニーシーだった。 翌日は彼女とのデートだった。 この一日をとおして彼女に僕をしっかり見てもらおう。 昨晩は張り詰めた緊張の緩和から死んだように眠りについた僕だったが、やはり翌日はいつ...
スポンサーリンク