スポンサーリンク
ひでじ典

ひでじ典 一巻

僕は子供たちに会話の中で諺を教えていた。 僕は子供らとの会話の中でよく諺を遣います。すると「何それ?どんな意味?」と子供らはその諺の意味についてすごく食いついてきて、自分で調べてみたり、自分が友達との会話の中で自慢げに遣ってみたりしていま...
回顧録

女は子供を身籠った時に母親になるけれど、男は子供に育てられて父親になっていくんだ。

その子は本当はあなたの子じゃない。 もし自分が大切に育ててきた子が、本当は自分の子ではなかったとしたら、あなたはどうしますか? 女性は自分のお腹を痛めた子供だから、その子が自分の子ではないということはありえないでしょう。もしそんなこ...
日記

伝えたい想いがあるから、身を焦がしながらも、それでも僕は鳴くんだ。

「鳴かぬ蛍が身を焦がす」 好きな人への想いをあなたはどういう風に伝えますか? 「鳴かぬ蛍が身を焦がす」 という言葉を聞いたことがあります。 相手への熱い想いは軽々しく言葉で表すのではなく、静かに心に秘めておく方がよい。 奥...
日記

愛は見返りを求めないけれど、君を愛している存在がいることだけは知っていて欲しい。

百万本のバラという曲を聴いて。 休日出勤の土曜日。 車のカーラジオから流れる音楽を聴きながらハンドルを握る僕。 会社に着く間際に流れてきた曲は、加藤登紀子さんが歌う「百万本のバラ」だった。 みなさんも何度も耳にしたことがあるだろ...
回顧録

父子家庭の父親に再婚話しが出たとき、子供のことと自分のこととどっちを優先する?

意外に充実してきていた父子家庭の僕。 周囲が僕の離婚に気付き始め、僕がその理由や原因に口を閉ざし、理由を聞かれても、 「僕が悪いことしたからじゃないの」 くらいの発言しかなかったことから、この離婚が僕の責にあるのではないかと事...
言葉

人生における三つの試練をスウェーデンの諺から学んでみよう。

「愛すること、忘れること、そして許すことは人生の三つの試練」 この言葉はスウェーデンの諺です。 そうか。 「愛すること」 それも試練なのか。 確かにそうなのかも知れないな。 恋愛って、実は嬉しいことや...
日記

夜空を眺める君が、無数の星の中からいつでも僕を見つ出せるように。

一昨日の夕方頃からだろうか、少し熱発。 今日は微熱のまま仕事を終わらせた。 夜になってもまだぼーっとしている感じで、どうやら、まだ熱は下がっていないようだ。 火照った身体を冷やそうと外へ散歩に出てみた。 梅雨の合間の澄んだ夜...
読書の時間

絵本って子供のためだけのものじゃないから、大人になっても読みたいんだ。

100万回生きたねこ。 僕がこの絵本に出会ったのは、もう20年以上も前になると思う。 まだ社会人になりたての若い青年だった時期だ。 お酒が好きだった僕は、何軒かの行きつけの店があって、この絵本は、その行きつけのショット...
言葉

幸せの意味をヘルマンヘッセの残した言葉から学んでみよう。

「愛されることは幸せではない、愛することこそ幸せだ」 これはドイツの作家へルマンヘッセの残した言葉。 正しくはドイツ生まれのスイスの作家で、ドイツ文学を代表する人物です。 ノーベル文学賞を受賞した作家なので、皆さんもよくご...
言葉

風任せの人生ではいけないことをマーフィーの残した言葉から学ぼう。

「あなたの運命を決めるのは、あなたの心に張られた帆であって風ではない」 これはアイルランド出身の宗教者であるジョセフ・マーフィーの残した言葉。 彼は米国で活躍したアイルランド出身の宗教家で、牧師としての活動も行ってきた人物です。 ...
スポンサーリンク