カーラジオから流れる懐かしい曲を聴きながら、22歳のあの頃に僕はタイムスリップしていた。

日記

22歳の誕生日の少し前だった。

「わたし煙草嫌いなんだよね」

その頃付き合っていた彼女に、そう言われた。

僕の選択肢は二つ。
1.彼女のために煙草をやめる。
2.彼女と付き合うのをやめる。

さて僕はどっちを選択したのでしょう。

「僕が煙草を吸う男だって」
「知ってて付き合ったんじゃないの」

僕は彼女にそう答えた。
誰かのために自分を変えるなんて出来なかった。

まだ若かったからかも知れない。
いやいや、
誰かのために自分を変えるなんて、今のこの歳になってもできっこないだろう。

僕のその返事を静かに聞いていた彼女。
その日を境に彼女からの連絡は途絶えてしまった。

僕の誕生日を過ぎてもいっこう彼女からの連絡はなく、強情な僕はもちろん自分から連絡することはなかった。
ちなみに当時は携帯電話なんてツールもなかった。

煙草をやめない僕に愛想を尽かしたのだろうと思っていた。
それも仕方ないなと。

22歳の別れ

そんな曲がよく似合う誕生日だったのかも知れない。

それから数日過ぎたある日。
突然、僕の部屋に彼女が訪れた。

「誰も誕生日を祝ってくれなかったでしょ」

彼女は笑って僕にそう言った。

その頃の僕は人付き合いが悪く、ついでに人見知りの人間不信で友人も多くはなかった。
それは今でもあまり変わっていない。

「ケーキ食べた?」

「いやまだ」

「やっぱりね」

そう小さく囁くと、彼女は後ろ手に隠していたケーキの箱を僕に差し出した。

「はい誕生日おめでとう」
「わたしがいないと誰もあなたを祝ってくれないだろうなって」

小馬鹿にしたような笑い顔を僕に向ける彼女。
でもその笑顔は優しかった。

「一緒に食べよう」
「寒いからお部屋に入れて」

彼女はそっと僕の首に手を回して、頬を寄せた。
そして、

「やっぱり煙草くさい」

小さく囁いて、優しく唇を重ねた。

仕事終わりの車の中。

車のラジオから「22歳の別れ」が流れてきていた。
その懐かしいメロディを聞きながら、僕は22歳のあの頃にタイムトリップしていた。

 

 

いったい何十年前の話しじゃ。

 

 

コメント