伝えたい思いがあるから、身を焦がしながらも、それでも僕は鳴くんだ。

日記

「鳴かぬ蛍が身を焦がす」

 

相手への想いは軽々しく言葉で表すのではなく、熱い想いは心に秘めておく方がよい。
奥ゆかしい日本人としてはこういうことを実践するべきものであろう。

少し前までは僕もそう思っていた。

でも今は違う。
たぶん言葉にしなければ、身を焦がすどころか、その想いで焼け死んでしまうこともある。

だから僕は相手に伝える。

「大好きだよ」

人間はいつ何があるかわからない。
明日にはこの命が尽きるかも知れない。

例えば、今日仕事に出掛け、出勤途中に交通事故でこの世を去るかも知れない。
例えば、急に体調を崩し、そのまま帰らぬ人となるかも知れない
例えば、今日は逢えた君に、明日は逢えないかも知れない。

だから僕は伝える。
だから僕は君に伝える。

「大好きだよ」

いつこの世を去るときがきても、それが君に残した僕の最期の言葉になる。

僕は鳴く蛍。

伝えたい気持ちがあるから僕は鳴く。

何度となく同じ言葉を繰り返しても、その言葉に込めた想いは重ねるごとに薄くなることはない。
何度繰り返してもその言葉に込めた想いが軽くなることはない。

その言葉が僕の想いの全てだから。

俺は鳴く蛍。
身を焦がしながらも、それでも鳴く。

「大好きだよ」

と。

それが、僕が君に残す最後の言葉だから。
ずっと変わらない君への想いを込めた言葉だから。

 

 なんて。

コメント