スポンサーリンク

キスの上手い下手は、いったいどんな基準で判断されるのだろうか。

日記

今日がKissの日だって知ってましたか。

 

今日は「Kiss」の日

甘いキス。
優しいキス。
激しいキス。
いやらしいキス。
とろけるようなキス。

皆さんは誰かに、
そんなキスをしてもらえましたか。
そんなキスをしてあげましたか。

今日が「Kissの日」ということを通勤中の車のラジオで知った僕。
ラジオではその由来は説明してくれなかったので、自分で調べてみた。

 

Kissの日の由来とは。

Kissの日の由来ですが、1946年5月23日(さすがに僕はまだ生まれていませんね)に、日本映画で初めてキスシーンが登場する「はたちの青春」が封切られた日であることから、今日が「Kissの日」に設定されることとなったということだった。

なんだ、映画の公開日だったのか。もっとロマンチックな由来を期待してたけどな。

でも、そうかキスの日か。

キスか。

誰かと唇を交わすなんて、果たして、もうどれくらいの期間やっていないのだろうか。
あまりにも遠い過去なのですっかり忘れてしまった僕でした。

吹奏楽経験者はキスが上手だって。

ところで、ラジオのパーソナリティが話してましたが、吹奏楽の経験者はキスが上手いらしい。

まじか?!

吹奏楽の経験者とはお付き合いの経験がない僕。
その話しを聞いて、どれほど上手いのか、その真実を確かめたくてなってしまった。

どなたか、吹奏楽の経験者とお付き合いされていた方はいませんか。
或いは現在進行形でお付き合いしている方はいませんか。
果たしてそのお相手のキスは絶品ですか?

吹奏楽経験されていた方、吹奏楽を経験されている方、
もし、
もし、ですよ、
もし、宜しければ、

僕とキスなどいかがでしょうか?

いや、
冗談です(若干本気入ってますが)

と言うか、
キスの上手い下手の基準って、いったいどういう判断基準なんでしょう。

共通の基準なのでしょうか?

それってやっぱり、比較しなくては判断できないことなんだと思うけれど。
どうやって比較するのでしょう。

利き酒ならぬ、利きキス?

というか、好きな相手と交わすキスがやっぱり一番でしょ。
上手い下手はあまり関係ないんじゃないかな。

もしかしたら、利きキスされてた。

因みに僕は、吹奏楽経験はありませんが、上手いらしい。
関係あるかどうかは分かりませんが、僕は口の中でサクランボの茎を結ぶこともできます。

誰が言ったか覚えていませんが、上手いらしい。

そんな噂です。

そんな噂が若かりし頃にあっただけです。

そんな噂があったということは、もしかしたら僕は誰かと比較されていたというわけで、僕が当時お付き合いしていた相手は、僕と誰か他の人とを比較することができていたということで、

比較されてということは、

え?
利きキス?

つまりは、

え?
二股かけられていた?

 

という、

何だか悲しい、オチ。

 

二股ならまだしも、三股や四股だったりしたら、

 

それは、

悲し過ぎる、オチ

 

 

コメント