スポンサーリンク

ひでじ典 第四巻

ひでじ典

ひでじ典 第四弾です。

ひでじ典の第四巻となります。
第三巻では、

ひでじ典 第三巻
ひでじ典第三弾です。 ひでじ典の第三巻です。 第二巻では、 【愛はお出汁にせよ】 【愛は相より出でて相より愛し】 を収録しております。 このひでじ典で諺が身近なものになれば幸いです。 ...

【明日は明日の風邪を引く】
【急がば舞われ】
を収録しております。

このひでじ典で諺が身近なものになれば幸いです。

 

ただのおやじギャグと思わないで下さい。

 

 

【二階から目の薬】

読み:にかいからめのくすり
意味:意図せず、偶然に思いがけない素敵な光景にお目に掛かれること。努力もせずに、思いのほかいい状況に展開すること。ラッキーなことのたとえ。

 

ベランダに出て、
ぼんやり外を眺めながら煙草を吹かす僕。

ふと、お向かいの家に目を向けると、大きくカーテンが開いる。
「無用心だな」
そう思いながら、その窓の奥に目を凝らすと、なんと若い女性の着替え姿が目に飛び込んできだ。

もしも、そんなシチュエーションがあったとしたら、男なら誰でも、間違いなく凝視してしまうだろう。

目の保養。まさに二階から目の薬だ。

基となる諺
【二階から目薬】
読み:にかいからめぐすり
意味:二階にいる人が階下にいる人の目に目薬をさそうとしても、あまりにも遠すぎて的中しないことから、物事が自分の思うようにいかず、もどかしい様子をいう。回りくどくてあまり効果が得られないことのたとえ。
【類義語】靴を隔てて痒きを掻く/月夜に背中焙る/天井から目薬/御簾を隔てて高座を覗く

勉強しなかったのにいい点数が取れた時などに、

「二階から目の薬」

とかよく使うよね。

 

絶対使わねーよ。

【古着を重ね新し気に着る】


読み:
ふるぎをかさねあらたしげにきる
意味:流行らなくなった物でも、使い方によっては、まだまだ利用できること。価値のなくなったと思うものでも、視点や使い方を変えることで 新たな価値が生まれるかも知れないということ。
リサイクル。

着古した服。
捨ててしまうのは簡単だけど、
貧乏性な僕はついついタンスの肥やしにしてしまうことが多い。

でもね、
古着でも重ね着したりして着こなすと、
これが意外と新しげに見えたりすることも少なくない。
これは古着だけじゃなく、全てのことにおいても言えるのかも知れない。

人間も然り。

価値の薄れた存在だとしても、
まだまだ、
誰かの力になったり、
何かの役に立ったり、

僕もそうだといいな。

基となる諺

【故きを温ねて新しきを知る】

読み:ふるきをたずねあたらしきをしる
意味:孔子が師となるべき者の資格として述べた言葉で、昔のことを学ぶことによって、そこから新しい知識や道理を得ることができるという教え。過去の事象を研究して、現在の問題に対処すること。 温故知新。

【類義語】来を知らんと欲する者は往を察す/He that would know what shall be must consider what has been.(将来のことを知りたいのなら、過去の経緯を考えねばならない)

 

 

 

君の考えは少し古いけど、

「古着を重ね新し気に着る」

って感じだね。

とか、よく使いますね。

 

いーや、

使わねーだろ。

 

 

コメント