スポンサーリンク
ひでじ典

ひでじ典 第十巻

ひでじ典 第十弾です。 ひでじ典の第十巻になります。 第九巻では、 【床に釘】 【鬼にカネボウ】 以上の諺を収録しております。 おやじギャグの要素満載のひでじ典も、とうとう十巻となります。 あなたの座右の銘にい...
回顧録

果たして彼女は、僕の第一印象をどんなふうに感じていたのだろうか。

女性と二人っきりで食事をしたことなんて、何年ぶりだっただろうか? 「お腹空いたでしょう、何が食べたい?」 ハンドルを握りながら、彼女が尋ねてきたが、僕は運転する彼女の横顔をボーッと眺めていた。 「あ、何でもいいよ」 極度...
ひでじ典

ひでじ典 第九巻

ひでじ典 第九弾です。 ひでじ典の第九巻になります。 第八巻では、 【逃げるか、家事】 【人の尻見て我が尻直せ】 以上の諺を収録しております。 ちょっとだけためになることわざ辞典として、ひでじ典九巻出ました。...
回顧録

僕らは初対面だったけど、でも初対面ではないくらいお互いのことをわかっていた。

明日会う予定が、いきなりの予定変更に戸惑う僕。 長い道のりと電車の乗り継ぎという、普段は体験しないようなストレスと、明日彼女に会うという緊張に包まれた僕は、シャワーを浴びたあともホテルの部屋のベッドに横になったまま、ボーっとしていた。 ...
回顧録

田舎者の僕は、彼女の住む街まで行くだけでも、かなりの疲労感を感じてしまった。

もしかしたら、会う前に断られる場合だってあるのかも知れない。 僕は彼女の写真を見て固まってしまった。 「困った」 人間には一般的美的感覚と個人的美的感覚いうものがある。 一般的美的感覚からみると彼女は間違いなく「美人」の部類...
回顧録

文字で会話をしていた僕らは、自分のことを伝えることに限界がきていた。

僕からの「一度、二人で会おう」という申し出に対しての彼女の答えは? 僕は、この先も付き合うかどうかの判断を、一度僕に会って、僕という人物をちゃんとみて決めて欲しいと彼女に申し出た。 彼女は、 「そうよね」 「このままこんな関...
回顧録

心の距離はお互いに縮まっていたけれど、地理的な距離は思いのほか大きかった。

僕の告白に疑りの気持ちを抱えつつも、あっさりと返事は返ってきた。 相手のことを何も知らないのに、気持ちが傾いていた僕。 それはかなり不思議なことだった。 変な誤解が解けた僕は、職場の上司や同僚に何人かの女性を紹介をされたこともあっ...
ひでじ典

ひでじ典 第八巻

ひでじ典 第八弾です。 ひでじ典の第八巻になります。 第七巻では、 【子はナイスガイ】 【進めず涙】 を収録しております。 暇つぶしの一環になればと、ひでじ典八巻出ました。 おやじギャグと紙一重って感じですね。...
ひでじ典

ひでじ典 第七巻

ひでじ典 第七弾です。 ひでじ典の第七巻になります。 第6六巻では、 【酒に交われば赤くなる】 【猪木あってのモノマネ】 を収録しております。 早くも(早くはないけれど)ひでじ典とうとう七巻です。 ...
回顧録

もしかしたら僕は、彼女の特別な存在になてたのかも知れないと思い込んで、つい告白。

そこは、慌ただしい日常から離れた、僕の心地好い場所だった。 久しぶりに掲示板に顔を出すと、メンバーが僕を心配していてくれた。体調崩したんじゃないかとか、子供が病気でもしたんじゃないかとか。みんなに変な心配を掛けて申し訳なかったけれど、何だ...
スポンサーリンク