スポンサーリンク

顔が見えない関係は人を非常な非常識な人間に変えてしまうのかな。

日記

投稿した日記にコメントされた悪口雑言は僕には新鮮なことだった。

某ポータルサイトのサービスで匿名ダイアリーというものがあるのをご存知だろうか?
既にご利用されている方も少なくはないだろう。匿名で日記を公開するサービスだ。

僕はこのブログ以外にもう一つブログを書いているが、年末年始にもう一つブログを立ち上げてみたんだけど、そのブログの中の一つの記事を日記として、ついこの前この匿名ダイアリーに投稿してみた。

僕の記事がどんな反応を受けるのか興味があった。

いま新規のブログには概ね1日に2000PVくらいのアクセスがあるが、コメントとか頂いたことがないので、もっと多くの方の目の付く場所でならどんな反応が返ってくるのかみてみたかった。

そしたらね。

めっちゃ叩かれましたよ。

僕は今までもいろんな分野でブログを書いたり、SNSとかで日記を書いていたりしたんだけれど、これほどの悪口雑言のコメントを受けたことはなかった。

これはある意味新鮮でした。

コメントの相手も匿名ですから、こんな言いたい放題のコメントが書けるのかな。
匿名性って自由だけど、恐ろしいものだと感じた次第です。

僕のブログはまだ訪問者が少ないからいいけれど、もしかしたら、日に何万、何十万のアクセスを貰っているブログには、こんなコメントが頻繁に送られてくるのでしょうか?

これはメンタルが強くないと心が折れてしまってブログなんて続けられませんね。

 

匿名だから平気で他人を傷つけるようなコメントができるのだろうか?

人にはそれぞれ考えや意見があるので、共感や同意がもらえるばかりではない。
当然反対意見や違う考え方があるわけで、そんなコメントがもらえるのは嬉しい限りなのです。

が、

ただ、匿名になると、どうして人は他人を傷つけたり、罵るような言葉を平気で掛けてこれるのだろうかと、不思議に思った、というか驚いたわけです。

なるほど、もし僕があのコメントにキレて、同じようなコメントを返信したとしたら、そんなところから炎上とかが巻き起こってくるのだろうな、と実感したところです。

まあ、炎上するほど多くの方の目には留まっていないし、それほど話題性のなる内容の記事ではないので、炎上の心配する必要は皆無ですけどね。

僕は以前苦情処理関係の仕事をしていたことがあります。
あ、今の会社でもクレーム対応責任者ですけどね。

その苦情処理の業務を行っているとき、電話口で散々怒鳴り散らしてくるお客さんは、本当に酷な発言をしたり、場合によっては対応した職員の個人の人格攻撃のようなことまで平気で発言する方が少なくありませんでした。
ところが、実際に訪問して顔を合わせて苦情を伺うと、電話口の人と同一人物なのかと疑うくらい低姿勢だったりしたものです。

顔の見えない関係が、いかに人を横柄、横暴にさせてしまうのかということを身をもって実感しましたね。

それがネットの中では日常茶飯事になってしまうのかな。

顔が見えないから、相手がどんな人かもわからないから、自分が特定されないから、だから人を平気で傷つける発言ができるのだろうか。

でももしかしたら僕が投降した記事が酷いコメントを書かせるくらい、その匿名の相手を傷つけてしまっていたのかも知れません。

僕が日記として書いた何気ない記事によって、誰かを不快な気分にさせてしまうことだってないわけではないから。

コメントを受けた記事を何度も読み返し僕の文章の過ちを考え直す。

なぜコメントをした方はあんな悪口雑言を返してきたのか。
果たして僕の投稿した日記の方が、もしかしたら彼(彼女かな)を先に傷つけたのではないかと、僕は何度もその記事を読み返してみました。

確かに、匿名ダイアリーに投稿した記事は、それまでのブログの中のほんの一部でしかないので、そこだけを読んだ場合、不快に感じる方がいないとは限らない。
その内容から書いた僕のことを嫌な奴だと思うことも考えられる。

それはそれでも一向に構いません。
人には好き嫌いがあるので、嫌いになってしまう人に好きになってくれとは思いません。

ですが、それにしてもあの酷いコメントはあんまりだと思いました。

それにブログの中の一部だけで、嫌な奴だと思われるより、ブログの全部を読んでみて、それから嫌いになってもらった方がまだましだ思ったわけです。

そこで僕は、そのコメントの返信に、ブログのURLを付けてみました。
URLを添えたコメントに返事は返ってこなかったけれど、数日後にその方が書いた悪口雑言のコメントが、匿名ダイアリーから削除されていました。

 

更にタイトルだけで毛嫌いされた僕の新規ブログ。

それともう一つ、僕が新規ブログのタイトルで検索を掛けてみたときのこと。

「ブログのタイトル」ってブログ最低。タイトル見ただけでゲロ吐き気する。

という内容が書かれたブログの記事を見つけた。
いろいろ検索を掛けて探してみたんだけど、僕のブログと同じタイトルのブログはどこにも見つけられなかったので、この記事は、僕のブログに対しての感想なのだと思った。

タイトルだけで吐き気を起こさせる僕のブログって、ある意味すごい。

でもね、そんなに嫌なら、僕のブログのコメント欄にその文句を書いて欲しかった。
僕の知らないところで、勝手に僕のブログの評価をされるのは陰口を叩かれているようで、あまりいい気はしないし。

人のブログをネタに勝手に盛り上がるなよ。

って思った。

たぶんこの方も僕のブログの中身を読むことなく、タイトルだけで僕のブログを判断しているんじゃないかな。
きっと中身を読んでくれたら僕のタイトルに込めた想いも伝わるはずなのに。

なので、

「タイトルだけじゃなく、ブログを読んで判断してください」

とその方のブログにコメントを残した。
読んで頂けたら、その吐き気もきっと治まることは間違いない。

実際新規のブログには一切の誹謗中傷は頂いていないし、ブログを最初から読んでもらえれば、タイトル名で誤解は受けても、内容で誤解を受けるようなことは決してないはずだと、強い自負を持ってブログを書いていますから。

 

顔が見えない相手にもそれなりの敬意を持って接して欲しいよね。

SNSやブログなど顔の見えない関係が多くなっている昨今。

そんな時代だからこそ、文面だけで相手を判断することなく、例えその相手の意見が自分の考えにそぐわない場合であっても、敬意を持って接していきたいものです。

僕はもう一つのブログで新規ブログの運営記録を書いています。
仲の良い知り合いから新規ブログを教えて欲しいとお願いされることも何度かありました。
でもここやもう一つのブログで、新規のブログを公開する気はありません。

人には多様な一面があり、一方では受け入れられても、他方では全く受け入れられないという場合が多々あります。
このブログを書いている「ひでじ」と新規のブログを書いている「ひでじ」を僕は別人格の人間として存在させようと思っています。
本ブログを受け入れてくれている方が、快く新規のブログを受け入れてくれるとは限りません。

ですが偶然にも、僕の新規ブログにたどり着く方がいましたら、その時はそこにいる別人格の「ひでじ」を可能な限り受け入れて仲良くしてやって欲しいと思っています。

顔の見えない関係だからこそ、何でも言える関係であるのは確かです。
それでも、そこには架空ではないちゃんとしたその人物が存在するわけです。

どんな時でも、例え自分が特定されない場合でも、自分自身の人間性を崩さないで相手を思いやりながら、ネットの世界を楽しんでいけたらいいのではないでしょうか。

 

という、下らないおやじの戯言でした。

 

コメント