スポンサーリンク

離婚したことを子供らになんて言って伝えたらいいのだろうか。

回顧録

出張から帰ると、離婚届が出されていた。

出張から帰ると僕はバツイチになっていた。

何度も妻に急かされたこともあって、離婚届は事前に僕が書いておいたものだった。
けれども、子供らの親権や養育権、いろいろと相談をして決めていかなきゃならないこともあったから、出張からもどったら、ゆっくり相談してから提出しようと、話し合っていたはずだった。

ところがどっこい。

僕が出張に出ている隙に、離婚届はものの見事に提出され、市役所に受理されてしまっていた。僕に相談もなく勝手に「婚氏続称」の手続きもされていたし。

出張前に離婚届を記載していた僕にも非があるかもしれないけれど、書いておくことで妻の離婚できないことへの苛立ちが、子供らへ向かうことが心配だったこともあって、基本的に離婚に対しては同意しているという気持ちを表したわけだ。
僕が離婚届を書いたことで妻が少しでも気が楽になって、子供らにも優しく接してくれるだろうという、そんな思惑だった。

たとえ離婚届けを書いてあったとしても、届け出するその意思がない場合は、無効になる場合もあるそうだが、先のことをしっかりと決めることもなく、勝手に届け出を出した妻に呆れてしまったこともあって、もうどうでもいいという気分になった。

しかも、妻は離婚しても出て行く先の準備も何もしていなかった。
普通は、その覚悟があれば、離婚後に自分が移り住む住居を探したり、いつでも出て行けるように衣類や道具を片付けたり、整理したりするだろう。
だって離婚届には離婚後の住所を記入する欄があるわけだしね。

そういうことの方が、離婚届を出すことよりも先じゃないのかなと僕は思っていたけど、妻にはそんな計画性も何もなかった。

妻にとっては、そんなことよりも、僕との「離婚」という事実が欲しかったのかも知れない。赤の他人となってしまえば、自分の行動に対し何を詮索されることもないし、口実や言い訳を考えなくても自由に出掛けることができるわけだから。

そんなわけで、

出張から戻った僕は、戸籍上の父子家庭になっていた。

 

離婚を子供らにどう伝えたらよいものか、僕は悩んでいた。

離婚したときに、子供らにどういう風に伝えたらいいのだろう。

もちろん、初めての経験だから、どんな言葉で伝えたらいいのかわからない。
そのとき僕の子供らは長女が7歳長男が3歳だった。
子供らの心をを傷つけないように、けれども父と母が夫婦でなくなったことが理解できるようにと。そう考えると、上手い言葉なんて見当たるわけがない。

悩んでいる僕を尻目に別れた妻は、「私が出ていったときに話せばいいんじゃない」と、まるで人ごとのような態度しか見せなかった。

別れた妻には子供らのことよりも、もっと気になることがあるようで、離婚届けが受理されて赤の他人となった僕に気兼ねがなくなったのだろう、仕事から戻ると、子供らの世話や夕食の準備をすることもなく、着替えを済ませると、学校から戻っている長女に「遅くなるから」とだけ伝えて出掛けるようになった。

僕が仕事帰りに3歳の長男を幼稚園の延長保育から連れて帰る。
小学校に入ったばかりの長女は、学校の宿題をしながら、一人で僕の帰りを待っている。
そんな毎日だった。

別れた妻には、もう何の義理もなかった。いつ追い出してもよかった。
それでも、いまの状況でも子供らのために居てもらった方がいいのか、子供らにちゃんと父親と母親が夫婦でなくなってしまったことを話して、出て行ってもらった方がいいのか、果たしてどっちが子供らにとって最良の選択なのか、僕は迷っていた。

 

出張から戻った僕は、実質的にも父子家庭になっていた。

 

コメント