恋に落ちてしまう法則をアインシュタインの残した言葉から学んでみよう。

言葉

「人が恋に落ちるのは
万有引力のせいではない」

 

これは、かの有名な、理論物理学者アインシュタインの残した言葉

彼はドイツ生まれのノーベル物理学賞受賞者。
特殊相対性理論および一般相対性理論を提唱した彼の名前を知らない方はいないだろう。

あかんべーした本人の画像を目にした方は、少なくはないはずだ。

あのアインシュタインがこんな言葉を残したというのは意外でした。
彼にはそんなイメージがなかったものですから。

でも、なかなか素敵な言葉を残してくれたものだと僕は思います。

では何故、
人は恋に落ちるのか?

彼は「E=mc2」の代替が「愛」だと唱えていたとも言われていますが、さすがのアインシュタインでも、その謎は解けなかったのでしょうか。

誰かを好きになることに理由はなく、でも誰かを好きになると、その相手に引かれてしまうのは確かなこと。
この場合、「引かれる」のではなく、「惹かれる」或いは「魅かれる」と書いた方がしっくりくるのではないかと思います。

日本語って便利ですね。

「人は恋に落ちる」

それは万有ではないにしろ、人の心に相手を引き付けたり、引き付けられたりする事象が存在する訳で、それは某かの引力がある証拠。
そしてそれは、すこぶる不安定で、ある時急に発生したと思ったら、その次の瞬間には、全く存在しなくなっていることもある。

そして、強力だった引力が一転、更に強力な反発力に変化する場合さえある。
万有引力の法則を発見したニュートンも、心の引力の法則は見付けられなかったのだろう。

でももし、この心の引力の謎を解き明かせたら、間違いなくノーベル賞恋愛学賞なんて賞がもらえるのかも知れない。

と言うか、
そんなことを考えている暇があるなら、

何度でも引力に身をまかせ、
何度でも落ちてみよう。

 

 

  恋に。 

 

 

コメント