ヘルマンヘッセの言葉

言葉

「愛されることは幸せではない
愛することこそ幸せだ」

 

これはドイツの作家へルマンヘッセの残した言葉。

正しくはドイツ生まれのスイスの作家。
ノーベル文学賞の受賞者なので、皆さんもよくご存知な作家ですね。

「車輪の下」が知られている作品かな。

中学の国語の教科書に載っていた「少年の日の思い出」の作者ですよ、といった方がピンとくる方が多いかも知れないですね。

そんな彼の残した言葉。

でも、愛することだけが幸せというなら、それはただの自己満じゃないのかな。
誰かを愛するならば、やはりその相手からも愛されたいと思うのが、自然じゃないでしょうか。

「愛は見返りを求めない」などという言葉をよく耳にすることもあるでしょう。

もちろん、見返りを求めて誰かを愛するわけじゃない。
けれど、愛するだけの片想いじゃあ、幸せは感じられないと思うんだ。

だから僕は、恋愛はgive&takeがいいと思うけれど、皆さんはいかがだろうか?

でもどっちかと言えば、
take&giveといった方が正しいかな。

愛されるから愛すのではなく、愛するから愛されたいと思う。
もちろん、その度合いは問わない。

愛する相手が、少しだけでも微笑みを返してくれる。
きっと、それだけで満足するはずだ。

 

「愛することは幸せだ
愛されることはもっと幸せだ」

 

これは日本生まれのただの中年親父の僕が残す言葉。
後世に残ることは、まずない。

 

 

コメント