風任せの人生ではいけないことをマーフィーの残した言葉から学ぼう。

言葉

「あなたの運命を決めるのは
あなたの心に張られた帆であって風ではない」

 

これはアイルランド出身の宗教者であるジョセフ・マーフィーの残した言葉。

彼か米国で活躍したアイルランド出身の宗教家。
宗教家というよりも「マーフィーの成功の法則」などの自己啓発書の著者としての方が、皆さんにも馴染みがあるのではなかろうか。

素敵な言葉です。

さすがは、自己啓発の第一人者です。
僕もこの彼の言葉に何度も助けられたことがありました。

確かに運命は、風に喩えられている他人ではなく、心の帆に喩えられている自分の意思で切り開くものかも知れません。

でも、いくら満帆に帆を広げたとしても、その帆に風を受けないことには船は前に進むことは難しい。
広げた帆に吹く風も、また必要なものなんだと思う。

そして運命は決めて進むのではなく、自分で決めた進む道のその先に、待ち受けているものなんじゃないかと思ったりします。

「帆に風をいっぱいに受けよう
あなたが選んで進んだ先にあなたの運命はある」

これは風任せに人生を漂ってきた僕の戯言。

この記事を書きながら、
いつか誰かの追い風になりたいと思っていながらも、

いつも誰かの向かい風になってしまっていたことに気付かされた僕だった。

 

逆風かい!

 

 

コメント