スウェーデンの諺

言葉

 

「愛すること、忘れること、
そして、許すことは人生の三つの試練」

 

これはスウェーデンの諺。

そうか。

「愛すること」

それも試練なのか。

確かにそうなのかも知れないな。

恋愛って、実は嬉しいことや楽しいことよりも、辛いことや寂しいことや悲しいことの方がずっと多い。
たぶん比率にして、2対8くらい。
いや、もしかしたら、1対9くらいの比率だと思うんだ。

でも誰かを愛しているとき、そんなときは1が9よりも大きくなるから不思議。

1しかない嬉しさや楽しさが9もある辛いことや寂しいこと悲しいことを上回る症状が「愛すること」なのかも知れないと僕は思うんだ。

だとしたら、愛することは、1のプラスで9のマイナスをカバーしなければならないわけで、
なるほど試練だと言われれば、それはそうかも知れないと納得する。

でも元来忘れっぽい僕は、

「忘れること」

これはそれほど試練とは感じない。

また、誰かに怒りを感じたとしても根に持つことも余りなくて、一晩寝ればその怒りも簡単に収まったりするから、

「許すこと」

これもそれほどの試練ではないと思ったりする。

まあ、ただ僕が「許せない」くらいの状況に、未だ遭遇していないだけなのかも知れないが、
皆さんはどうだろう。

「忘れること」「許すこと」

これも、

「愛すること」

と同じように、試練だと感じてしまうのだろうか。

だとしたら、
あなたは、

間違いなくスウェーデン人だ。

 

そんなふうに思っていたけれど、昨日のお昼の時間。

 

あ、

 

 

 

 

財布忘れた。

 

「忘れること」

財布を忘れた僕には、これが、かなり厳しい試練のように感じた。

腹減ったけれど、弁当買いにいけない。
昼飯が食べれない。

試練だ。
空腹に耐える厳しい試練だ。

 

どうやら僕も、スウェーデン人に一歩近づいた。

 

 

コメント